2018.8.10

「気が利いた人」になりたい

私は、新入社員の時から、なりたい「社会人像」があります。

・仲間が重いものを持って運んでいることに気づいたら手伝い、
ドアを開けてあげることができ、
・コピーをとって!と言われる前に、ささっとコピーが取れ、
・メールしといてと言われる前に、メールを出しておくことができ、
・上記ができつつも、本来の仕事もきちんと遅延なくこなす

そういうことを、先輩後輩関係なくスマートにできる、そんな感じです。

別に、コピーやお茶入れそんな雑用係になりたいわけではありません。
コピーやお茶入れ、メールを「雑用係」と言ってしまったのですが、
そんな「雑用」に見えることも、言われなくてもささっと気づいてこなしつつ、
本来の仕事を推進できるそんな
「気が利いた人」
がかっこいいなって思います。

image

専門知識を持っているとか、技術を持っているとかも重要なことですが、
それらは、ある程度学習すればできるようになることです。

それらプラス、「気が利いた事をする意識があるか」がすごく大切だなと思います。
「気が利かない」と、
「言われたことしかできない」 「言われないとできない」
「自分の仕事でなければやらない」「周りの人が忙しくても気づかない」

となるので、チームプレーが重要な「会社の仕事」が円滑に進まなくなると思います。
これまでの経験ですが、そういう人は
       「教えてもらってません」「知りませんでした」と言って終わる。「メモを取らない」
「周りの動向に目を向けずに、自分の仕事だけをやる」

という傾向が強いように思います。
これは、年齢に関係ありません。
気づかないし、メモを取らないので、同じことを繰り返し失敗し、それについて改善されません。

 

だから、私は、一生懸命メモを取り、「知りませんでした」だけで終わらせずに、
「知りませんでしたから、やりたいと思います。」と調べ、学習し、それでもわからなかったら教えてもらい、
次回は自ら動けるように意識づけを自分に言い聞かせています。

過去には、「知りませんでしたというな!」と叱られたこともたくさんありますが(今も)、
私は、「知りませんでした」いうのは、悪いことでないと思います。
ただ、「知りませんでした→以上終わり」ではダメだと思うのです。

 

新入社員は「知りませんでした」と言える場面が多く、ラッキーだと思います!
「知りませんでした」は自分が「気が利いた人」に変われるチャンスです!
「気が利いた人になるよう心がける」と、「笑顔で楽しく皆と一緒に仕事ができる」ようになります。

皆さん、一緒に目指しませんか?

※でも、実は「どうやったら気が利くようになるのかわからない」という人も多いと思います。
「自分が気が利かない人と気づかない」という人ももっと多いと思います。
さて、それについては、、、、また今度。

管理本部 H.Haraga

お問い合わせ

製造加工・倉庫保管・通運輸送をお考えの方は、当社へお気軽にお問い合わせください。

0544-26-2111
0544-26-2114