2017.8.23

ビジネス社会における挨拶とお辞儀について

言葉を発してからお辞儀をするのは「語先後礼」と言い、正しい挨拶の常識と言われています。

つまり、「おはようございます。」と言ってお辞儀をする。
「いらっしゃいませ。」と言ってお辞儀をする。
「宜しくお願い致します。」と言ってお辞儀をする。

その方がマナー的には正しいのです。


決して言いながらのお辞儀はやめた方がいいです。
これは「同時礼」と言いますが、
例えば近所のおじさんへの挨拶では、いい場合もありますね。

身近で親しい人達への挨拶では、あまりにも固苦しくなりますから。(臨機応変で)


日本では昔から「礼に始まり、礼に終わる」と言う習慣を大切にしてきた民族です。

最近はきちんとした挨拶などが出来ない人も多いので・・・。(自分を振り返ると???)
おこなう場合は相手の目を見て心を込めて丁寧に実践すると、相手には好感を与えます。
心の込らない挨拶とお辞儀では、やらない方がかえって良いですか??(ダメです)

弊社でも朝礼時に実践していますよ。
これから社会人になる方も是非、習得して自分のものにして下さい。

お問い合わせ

製造加工・倉庫保管・通運輸送をお考えの方は、当社へお気軽にお問い合わせください。

0544-26-2111
0544-26-2114