2017.7.5

食中毒の感染にご注意!!

食中毒の原因は細菌・ウイルス・食品に含まれる天然の毒などさまざまです。

梅雨から夏季にかけては高温多湿になり、食品は傷みやすくなり細菌は増えます。

☆食中毒予防の3原則とは

①細菌やウイルスを付けない。

方法)出来れば薬用石鹸でしっかり手洗いをする事。

水洗いだけでは手に付いた細菌やウイルスはとれません。

②細菌やウイルスを増やさない。

方法)基本は冷蔵・冷凍保存し、高温多湿での保存は極力カットする。

又、購入時にはその食品の「消費期限」にも注意が必要です。

③細菌やウイルスをやっつける。

方法)生ものは極力避け、しっかり加熱したものを食べる。

・食品の中心温度が1分以上75℃になる目安で加熱。

・「調理器具・まな板・ふきん」などは殺菌用洗剤で基本毎日

消毒することが望ましい。

以上、日常生活の中での注意事項を記載させて頂きました。

品質管理部:S.T

 

 

 

お問い合わせ

製造加工・倉庫保管・通運輸送をお考えの方は、当社へお気軽にお問い合わせください。

0544-26-2111
0544-26-2114